白黒猫のチビは柴犬の姫ちゃんが大好き♪


by チビと姫

大好きだよ(*^▽^*)

数年前に作って、たった2度しか投稿していないブログ。

今は、エキサイトブログのお友達のコメント用になっています。

それは、これからも変わらないと思います。



2014年の春に、主人公の一人!

柴犬の姫が事故で亡くなりました。

それ以来、姫の事が頭の中でいっぱいになっていて、

それを慰めてくれたのがチビでした。

チビはもっと寂しかったに違いありません。

母子のようでもあり、

唯一無二の友のようであり、

一日の数時間を、姫が亡くなった場所を見守るように過ごしていました。

自由に暮らすチビの生活は、夏場はほどんど外です。

寒くなると、お布団の上に来たり、ストーブの前で過ごす事が増えました。

そんなチビが、亡くなってしまいました。

姫の亡くなった場所から、50m位の場所でした。

姫の時は真夜中で、家の周りに隙間が空いていて出て行ってしまった為の事故でした。

自分の責任をとても重く感じます。

出歩きにゃんこのチビ。

飼い方の問題ですね。

チビを姫を一緒に庭に出してから、

ずっと悩み続けた結果です。

だから、いつも心のどこかで〈 覚悟 〉をしていました。

庭や姫の散歩中に、姫とチビが戯れる姿は、私にとってかけがえのないものでした。

ちょうど一年前に、猫嫌いなチビと仲良くなろうと我が家に顔を出す野良ちゃんがいました。

全く人馴れしておらず、でも、家の中まで入って来たりしていました。

いつもなら追い出すチビが、そこまでせず、喧嘩にもなりませんでした。

2か月ほど家にご飯を食べに来て、時々チビにも近づこうとしていました。

あまり外暮らしに慣れていないようで、道に出るとビクビクしていて、

一度、チビが、車が来そうな時にその子のいる路地の前で、道を塞いでいて、

車が通り過ぎてから一緒に道を渡っていくのを見て、

もしかすると、初めての猫のお友達になれるかもと思っていましたが、

その子も家の前で事故に遭い亡くなりました。

亡くなってから分かったのですが、他の家のお世話になっている子で、

亡骸は、そのご家族が大切に持って帰られました。

姫が亡くなった時、頭がおかしくなるのかと思うくらい荒れたダンナは、

やはり覚悟していたらしく、静かです。

三人とも、寝ているような姿で亡くなっていました。




今までのたくさんの《 覚悟 》の為なのか、落ち着いています。

顔を見ると、精気は失せてましたが・・・。

時々、涙が溢れ出ますが、大泣きはしていません。


きっと、そんな事、チビは望んでいません。


勝手な憶測ですが、今頃チビは姫と出合っていて、

不幸ではありません。

私もいつか行く場所です。


姫も、チビも、今まで本当にありがとう。

感謝しています。

わんこの姫は当たり前のように家に居てくれましたが、

出歩きにゃんこのチビが、毎日必ず帰って来てくれた事には『 皆勤賞 』をあげたいです。


c0260583_10382670.jpg



今まで、本当にありがとう。


c0260583_10372081.jpg



待っててね。
[PR]
by ch1b1h1men0haha | 2016-09-10 10:43